M-1最優勝候補『和牛』!経歴は?3年連続M-1で準優勝の理由を考察!

M-1グランプリ
スポンサーリンク

3年連続M-1グランプリ 準優勝!

という偉業を果たしたのが

皆さんご存知『和牛』のお二人です。


その芸術作品とも呼べる

作り込まれた構成の漫才で

老若男女問わず

大勢の人を爆笑させます。


今年は絶対和牛が優勝や!

と思ってもなぜか2位なんですよね。


今回は、和牛のプロフィールと

なぜ3年連続で2位なのか?

ということについて

ご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

和牛とは?

コンビ名:和牛

コンビ結成:2006年(13年目)

メンバー:水田信二、川西賢志郎

所属事務所:吉本興業

主な大会成績:M-1グランプリ2016、17、18準優勝


水田さんのへりくつボケと

川西さんの上品なツッコミで

精錬されたネタを

さらに高い笑いにしています。


昔は水田さんを生かした

へりくつ漫才を軸にしたもの

が多かったですが

最近では伏線回収ネタや

川西さんのキャラを立たせるネタなど

幅広くチャレンジしています。


連続M-1準優勝を果たした3年間も

毎年、前年度とは全く異なる漫才をするなど

その職人気質なネタ作りも魅力的です。

和牛のメンバープロフィール

和牛 ボケ担当: 水田信二

芸名・本名:水田 信二(みずた しんじ)

年齢:39歳(2019年9月現在)

生年月日:1980年4月15日

出身:愛媛県伊予市

血液型:O型

身長:167センチ


和牛のボケ担当。

小太り体型で蝶ネクタイがトレードマーク。

また、潔癖症です。


芸人を目指す前は

プロの料理人という経歴を持つ

ボケ担当の水田さん。


高校卒業後は

神戸の調理師専門学校に通い

調理師免許を取得します。


その後、約7年もの間

有名洋食店で修行した経験も持っており

この経験を生かして料理芸人としても

数多くのテレビに出演しています。

和牛 ツッコミ担当: 川西賢志郎

芸名・本名:川西 賢志郎(かわにし けんしろう)

年齢:35歳(2019年9月現在)

生年月日:1984年1月29日

出身:大阪府東大阪市

血液型:O型

身長:170センチ


上品なツッコミで女性ファンの多い

ツッコミ王子、川西さん。


高校、大学とラグビー部に入っており

漫才のネタにもラグビーネタが

使われることが多々あります。


川西さんが水田さんと出会ったのは

BKBでお馴染みの

バイク川崎バイクさんの

紹介だったそうです。


実は、同じ大阪NSC26期生だったのですが

2人ともお互いの存在を知らなかったのだとか。

まぁNSC入学者は

毎年500人以上いると言われてますし

1年で全員と顔見知りになるのは

無理でしょうね。

スポンサーリンク

和牛はなぜM-1グランプリで準優勝・2位だったのか?考察

毎年優勝候補と名高い和牛ですが、

準優勝3年連続中と

最早M-1ジンクス状態と

なってしまっています。


なんで優勝できないの?

と思ってる方は多いと思いますが

私は割と納得いってますw


和牛がおもしろくない。

というわけでは決してなく

和牛が一番面白かったが

あの状況ではしょうがないw

という感じなんですよね。


ということで、

和牛がなぜ準優勝だったのか

M-1グランプリ2016から2018まで

考えていきましょう。

M-1グランプリ2016考察

M-1グランプリ2016 FINAL結果

優勝  銀シャリ
準優勝 和牛
3位  スーパーマラドーナ

この時の優勝者は銀シャリでした。

これはシンプルに

銀シャリが面白かったと言えましょう。


和牛も面白かったですが

銀シャリのネタは『言葉の語源』。

和牛のネタは『都会の祭り』。


和牛はへりくつ漫才をベースとした

伏線や構成力が際立ち

銀シャリはわかりやすさを重視した

言葉遊びと例えツッコミが印象的でした。


結果、

『幅広い年齢層にウケる

わかりやすいネタをやった』

銀シャリにやはり軍配が上がった

と思います。


まぁこの年は

和牛は初決勝進出準優勝!ですので

そこまで不思議ではないと思います。


事件が起こったのは

次の2017年です!

M-1グランプリ2017考察

M-1グランプリ2017 FINAL結果

優勝  とろサーモン
準優勝 和牛
3位  ミキ

優勝はとろサーモン。

これは私も絶対に

和牛が優勝!だと思いました。


しかし、結果は

僅差でのとろサーモンの勝ち。

私が思うに、この時の敗因は

『審査員のとろサーモンへの感情移入』

だと思います。


とろサーモンが

ラストイヤーでM-1初出場。

ということもあり

審査員数人の番組でのコメントも

明らかに偏っていました。


私はとろサーモンも昔から好きで

エンタの神様とかで

良く笑わせてもらいましたが

正直決勝でのネタは

お客さんの反応を見ても

明らかに和牛の勝ちでした。


お笑いファンとしては歯がゆいですね、、、

しかしM-1は運も実力のうち。

審査員の同情をぶっ飛ばすほど

圧倒的な差をつけられませんでした。


とろサーモンの予選ネタは

最高におもしろかったですもんね。

決勝まで上がったらもう勝ちです。

しょうがないと思いましょう。

M-1グランプリ2018考察

さぁいよいよ和牛3年目のM-1。

三度目の正直か、

二度あることは三度あるのか、

大注目の大会でしたね。

結果は以下の通り。


M-1グランプリ2018 FINAL結果

優勝  霜降り明星
準優勝 和牛
3位  ジャルジャル




優勝は霜降り明星。

SNSなどでは、

なんで和牛じゃないのか。

霜降りおもんない。

など審査員が叩かれるほどの

炎上っぷりでした。


しかしこの時!

リアルタイムで見ていた私は

あ、霜降り明星勝ったな。

と思っていたんです。


その理由はズバリ、

『順番とボケの数』です。


決勝での順番は

ジャルジャル、和牛、霜降り明星

さらにボケの数は

和牛 < 霜降り明星

(ジャルジャルは計測不能)

だったんですね。


すなわち、

M-1ラストで最高に温まって

笑いのツボが浅くなった観客に

最も多くのボケを放ったのは

霜降り明星だったわけです。


決勝のネタだけで勝負をしたら

ネタのクオリティ、構成力で

確実に和牛が勝つでしょう。


しかし、あのM-1決勝の場には

圧倒的ボケ数と勢いのある

霜降り明星がいました。


私も実際に見ていて

単発の大爆笑は和牛でしたが

ずっと爆笑していたのは

霜降り明星でした。


これは霜降り明星が持ってったなぁ

と思ったわけです。


優勝でネタの質より数を重視していれば。

相手が霜降り明星じゃなければ。


負けはしましたが

和牛がもっと面白くなって帰ってくる!

と考えると

あながち嫌ではないのは

私だけでしょうかw

まとめ

今回は、若手最実力漫才コンビ

和牛についてご紹介しました。

今年のM-1ではどんなドラマがあるのでしょうか。

非常に楽しみです。