【ネタ書き起こし】見取り図「プレゼン」(M-1グランプリ2019)

スポンサーリンク
ネタ書き起こし

ボケ:リリー
ツッコミ:盛山


盛山 「ども!見取り図です、お願いしまーす。」
    あのーいきなりなんですけどね、やっぱり第一印象て大事やなと思うんですよね。」

リリー「確かにね。」

盛山 「人と初めましてでお会いした時に、人様を不快にさせない見た目。
    それで言いましたら私不快の塊でございますからね。
    え〜、褒めるわけではないですけど、あなたみたいな見た目の方が
    よかったかなぁと思ったりしますね。」

リリー「それは嬉しいけど、俺は逆にあなたみたいな見た目で生まれたかった。」

盛山 「ほんまかお前。それは無い物ねだりみたいなこと?」

リリー「だってこんなさ、」

盛山 「うん。」

リリー「爽やかなベイビーフェイスに生まれたかった。」

盛山 「どこがやねんおい!俺らベイビーフェイスの和訳一緒かなほんまに!?」

リリー「一緒一緒。」

盛山 「一緒で育ってます?」

スポンサーリンク

リリー「でもお互いいいと思い合っとるから、」

盛山 「うん。」

リリー「ちょっと褒め合おうや。」

盛山 「あ、褒めあっていい気持ちになる。」

リリー「そっちから出ろ。」

盛山 「僕から、」

リリー「うん。」

盛山 「じゃあええと、清潔感がある。」

リリー「食べるの早い。」

盛山 「、、、 俺?えー爽やか。」

リリー「靴紐結べる。」

盛山 「俺?えー中性的。」

リリー「リボ払いしてる。」

盛山 「褒めてへんやないかおい!
    人褒める時リボ払いて出てくる!?」

リリー「根性あるなと思って。」

盛山 「ほんで俺リボ地獄やねんけどほんで!二つ目なんて言うたお前?」

リリー「え、靴紐結べる。」

盛山 「チンパンジーか俺は!

結べるわいそんなもん、褒めたんやから褒めてくれよ。」

スポンサーリンク

リリー「じゃあ、いいとこいっぱい知ってるから、俺が皆さんにプレゼンするわ。」

盛山 「あ、プレゼンしてよく思わせてくれます?」

リリー「盛山くんなんですけど、」

盛山 「えーぼく〜」

リリー「このガタイを生かしまして、」

盛山 「ガタイを生かしまして、」

リリー「高校時代は柔道部で、近畿2位まで行ったんですよ。」

盛山 「俺軟式テニス部や!お前おい!
    適当ゆうな!」

リリー「合わしとけよお前話は!」

盛山 「3年間で出た試合7分やぞ!」

リリー「いや知らんけども。」

盛山 「嘘ついたらバレるやろそんなんしたら!」
   (リリーの肩を押す)

リリー「あー手出したなお前!やり返したろ!」

   (盛山の頭をぐりぐり)

盛山 「なになになになに?いや俺肩押しただけやから。」

リリー「やり返す。」
   (盛山の頭をぐりぐり)

盛山 「なにやってんのお前?」

リリー「はい!」

   (盛山の頭をぐりぐり)

盛山 「2歳かなんかですかあなた!?」

リリー「なにが?」

盛山 「こんなん実生活でやる人おる?」

リリー「俺はやるんよ!」

盛山 「やらんやろそんなもん!」

スポンサーリンク

リリー「せっかく褒めたのにクソが!」

盛山 「クソがってお前、
    さっきから黙ってきいとったら女のすっぴんみたいな顔しやがって!」

リリー「どういうことやねん!ええやん!」

盛山 「なでしこジャパンでボランチおらんかった?」

リリー「やってなかった。」

盛山 「えーお前。」

リリー「おいこらぁ!
    EXILEの41軍みたいな顔しやがって!」

盛山 「どういうこと!?EXILEの41軍?
    その辺歩いてるおっさんと一緒やろ!?」

リリー「その辺のおっさんが40軍よ。」

盛山 「あれ一期上?一期上やないねんお前。」

リリー「ダンサーの綱吉みたいな顔しやがって。」

盛山 「いやダンサーの綱吉で言わんでええねん。」

    黙ってきいとったら、
    お前生徒に手を出すタイプの数学教師みたいな見た目しやがって!」

リリー「ねーわ!」

盛山 「10代相手に粋がるな、教育なんやおもてんねん!」

リリー「おいこらぁ!
    マラドーナのはとこみたいな顔しやがって。」

盛山 「誰がやねん!」

リリー「J2止まりですわ。」

盛山 「俺が一回でもディエゴのおっちゃんてよんでたか?」

リリー「よんでなかった。」

盛山 「こら!黙ってきいとったら
    群馬あたりの伝説のホストみたいn、みたいn、、
    すいません俺お昼爆竹食べましたすみません噛みすぎました。
    伝説のホストみたいな見た目しやがってお前なんや!」

リリー「おいこら!
    煽り運転の申し子みたいな見た目しやがってw」

盛山 「しばいたろかお前!
    煽り運転の申し子?お前の行くとこ行くとこSUV止めたろか!」

リリー「絶対窓開けんからな!」

盛山 「窓開けろやお前!」

スポンサーリンク

盛山 「いや褒めたんやから褒めてくれゆうてんねん!」

リリー「わかったわかった!あの盛山くんなんですけど、」

盛山 「プレゼンやプレゼン。」

リリー「このガタイを生かしまして、」

盛山 「ガタイ生かしまして、」

リリー「芸人をする前はクラブのSPで働いてたんですよ。」

盛山 「地元のワッフル屋やお前おい!適当ゆうなって!」

リリー「合わしたら好感度上がるやろ!」

盛山 「男初の制服可愛いで選んだ職場やお前なぁ!」

リリー「珍しいな。」

盛山 「ほんまこいつ適当なことばっか言いやがって!」
   (リリーの方を押す)

リリー「あー!手出したな!?」

盛山 「なんやお前!?」

リリー「俺またやるぞ!」
   (盛山の背中にダブルスレッジハンマー)

盛山 「なになになに?なにしてんのお前?俺かたおしただけ、」

リリー(盛山の背中にダブルスレッジハンマー)

盛山 「なにをしてんの?」

リリー(盛山の背中にダブルスレッジハンマー)

盛山 「ベジータかなんかですかあなた!」

リリー「なにがやねん!」

盛山 「これ実生活でやるかね!?」

リリー「俺はやるんよ!」

盛山 「やる人おらんやろお前!」

リリー「おるんよ!」

スポンサーリンク

盛山 「腹たつなお前、黙ってきいとったら
    激弱のバチェラーみたいな顔しやがって!」

リリー「どんな顔やねん!」

盛山 「企画破綻やお前!」

リリー「知らんがな勝手にやられただけで。」

盛山 「調子乗んなよお前!」

リリー「おいこらぁ!
    太っちょキリストみたいな顔しやがって。」

盛山 「太っちょキリスト!?」

リリー「こうやっとけ。」
   (キリストのポーズをとる)

盛山 「人をラジオネームみたいに呼ぶな!
    ハガキ送ったろかお前なぁ!
    黙ってきいとったら、熱中症なった櫻井翔みたいな顔しやがって!」

リリー「ギリギリ嬉しいわ!」

盛山 「塩舐めてこい塩な!」

リリー「おいこら!
    TOKIOの長瀬くんみたいな顔しやがって。」

盛山 「え!ありがとう〜!ありがとう!
    嘘でも嬉しいです〜!」

スポンサーリンク

リリー「あ、よかったよかった。
    プレゼンするわ。」

盛山 「プレゼンして〜」

リリー「こう見えても可愛いところがありまして、」

盛山 「あ、ギャップでそういうのいいよ。」

リリー「毎晩、サンリオのポムポムプリンを抱いて寝てるんです。」

盛山 「嘘をつくな!
    俺は毎晩サンリオのケロケロケロッピーを寝てんねんお前!」

リリー「あ、そうなん?」

盛山 「全然違うから、
    あとダンサーの綱吉ってだれー!?
    俺徳川以外で聞いたことないねんけど綱吉。」

リリー「おらんかったか。
    あーでもこれでさ、」

盛山 「なに?」

リリー「仲良くなれたな。」

盛山 「いやどこがやねんもうええわ。」

盛山・リリー「どうもありがとうございましたー。」