M-1グランプリ歴代結果まとめ!決勝での点数・順位は?エピソードをおさらい!①

M-1グランプリ
スポンサーリンク

今年で第19回目を迎える

漫才大会M-1グランプリ。


島田紳助さん提案で発足した

この大会ですが、

過去18回の大会の中では

優勝して売れた芸人、

優勝せずに売れた芸人、

結果は残したがブレイクしなかった芸人

など多くの芸人さんたちがいます。


本記事では、

M-1グランプリ2001-2005までの

結果をまとめてみました。

一緒に思い返しながら

M-1の歴史エピソードを

おさらいしていきましょう。

スポンサーリンク

2001年 M-1グランプリ点数・順位結果

決勝予選

1位 中川家 829点

2位 ハリガネロック 809点

3位 アメリカザリガニ 796点

4位 ますだおかだ 770点

5位 麒麟 741点

6位 フットボールアワー 726点

7位 キングコング 707点

8位 チュートリアル 637点

9位 DonDokoDon 614点

10位 おぎやはぎ 540点

決勝FINAL

優勝 中川家

2位 ハリガネロック


伝説の初代M-1グランプリ。

審査員+観客の合計1000点満点で

勝負を競う点数制の大会でした。


決勝大会進出者をみてみると

今ではベテラン芸人として活躍している

有名お笑いコンビばかり。

あらためて、M-1の影響力の強さが

伝わってきます。


解散してしまった

ハリガネロックとDon Doko Donですが

それぞれピン芸人やタレントとして

活躍しています。


コンビを組んで漫才をしている

ぐっさんこと山口智充さんは

とても新鮮でしたね。

2002年 M-1グランプリ点数・順位結果

決勝予選

1位 フットボールアワー 621点

2位 ますだおかだ 612点

3位 笑い飯 567点

4位 おぎやはぎ 561点

5位 ハリガネロック 545点

6位 テツandトモ 539点

7位 スピードワゴン 535点

8位 ダイノジ 534点

9位 アメリカザリガニ 525点

決勝FINAL

優勝 ますだおかだ

2位 フットボールアワー

3位 笑い飯


第一回大会から審査方法がガラッと変わった

第2回大会。

偏りのある一般審査を排除し

プロ7名の持ち点100点、

700点満点での審査になりました。


また、一回戦の上位3名が

決勝に進み投票制となりました。

さらに、敗者復活制が導入されたのも

この年からでした。


この大会で一番印象深かったのは

やはり立川談志師匠の50点事件でしょう。

スピードワゴンの下ネタが

大嫌いだったらしく

大会史上唯一となる

最低得点50点をつけてしまいましたw

スポンサーリンク

2003年 M-1グランプリ点数・順位結果

決勝予選

1位 フットボールアワー 663点

2位 笑い飯 656点

3位 アンタッチャブル 616点

4位 2丁拳銃 608点

5位 りあるキッズ 601点

6位 スピードワゴン 572点

7位 アメリカザリガニ 564点

8位 麒麟 637点

9位 千鳥 552点


決勝FINAL

優勝 フットボールアワー

2位 笑い飯

3位 アンタッチャブル


伝説の漫才と呼ばれる

笑い飯の「奈良歴史博物館」

のネタが生まれた年です。


その謎の動きとWボケのテンポで

会場は大爆笑に包まれましたw

紳助さんも高得点の99点をだし

伝説とよばれるようになったのです。

2004年 M-1グランプリ点数・順位結果

決勝予選

1位 アンタッチャブル 673点

2位 南海キャンディーズ 639点

3位 麒麟 634点

4位 タカアンドトシ 615点

5位 笑い飯 615点

6位 POISON GIRL BAND 603点

7位 トータルテンボス 587点

8位 東京ダイナマイト 583点

9位 千鳥 582点


決勝FINAL

優勝 アンタッチャブル

2位 南海キャンディーズ

3位 麒麟


他の漫才師を寄せ付けないハイテンポ漫才で

アンタッチャブルが歴代最高得点優勝を飾る

革新的な年となりました。


また、南海キャンディーズ

タカアンドトシが初出場したのもこの年。


タカトシはラストイヤーで

最初で最後のM-1グランプリでしたが

見事このチャンスを生かしきり

今の芸能界の地位まで上り詰めているんですね。

2005年 M-1グランプリ点数・順位結果

決勝予選

1位 ブラックマヨネーズ 659点

2位 笑い飯 633点

3位 麒麟 646点

4位 品川庄司 626点

5位 チュートリアル 626点

6位 千鳥 607点

7位 タイムマシーン3号 571点

8位 アジアン 564点

9位 南海キャンディーズ 552点


決勝FINAL

優勝 ブラックマヨネーズ

2位 笑い飯

3位 麒麟


2005年大会は、

点数が表示されない

テロップが出ないなど

非常にトラブルの多かった年でしたね。


特にタイムマシーン3号の判定の時に

間違って50点以上高い

品川庄司の点数が出たときは

非常に悲しかったですね。


決勝に上がるかどうか!?

という大事な場面で

天国と地獄を味わったタイムマシーン3号をみると

ひどく悲しい気持ちになりました。


仮にもお笑い大会。

笑いをなくすトラブルは

注意していただきたいものです。

まとめ

歴代M-1グランプリ2001-2005

の結果についてまとめていきました。


今TVでMCなどを務めている芸人のほとんどが

M-1決勝進出者であり、

M-1のすごさを改めて実感しましたね。




M-1グランプリ2006-2018の結果については

今後の記事で紹介したいと思います。