『机と海』あらすじ内容と結末は?出演者キャストまとめ(10月12日放送)【ほん怖2019秋】

その他番組
スポンサーリンク

2019年10月12日(土)に

『土曜プレミアム・ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル』

が放送されます。


今回はその中から

机と海』について

あらすじ、出演者・キャスト、

結末等をまとめました。

スポンサーリンク

『机と海』出演者・キャスト情報【本当にあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

「ほん怖」クラブリーダー

稲垣吾郎 

脚本

酒巻浩史

演出

森脇智延

出演者・キャスト

松本穂香、足立梨花 他

『つくえと海』あらすじ【ほんとにあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

結婚式場でウェディングプランナーとして働く田中真佐美(松本穂香)は、念願の一人暮らしに心弾ませながら、職場の先輩・川島有希(足立梨花)に引っ越し作業を手伝ってもらっている。新居の家具は、真佐美がリサイクルショップをまわってそろえたお気に入りのものばかり。特に、机は一目ぼれして購入したもので、有希にも部屋の雰囲気と合っているとほめられた。引っ越し初日の深夜、ガタガタっと物音がして驚く真佐美。音がした方を見ても机があるだけで気にも留めなかった。しかし、その後も金縛りにあったり、父が突然、原因不明の体調不良で入院したりと、真佐美の身の回りに不幸が立て続けに起こる。真佐美に相談を受けた有希は、ある女性を紹介する。その女性は、真佐美が最近、机を買ったことをズバリと言い当て、深夜3時に九十九里浜の砂浜で机を燃やさないと真佐美の命にかかわると真剣に語る。女性の助言通りに、軽トラをレンタルし九十九里浜に向かう真佐美だったが・・・。

引用: https://www.fujitv.co.jp/honkowa/story/index.html

『机とうみ』内容と結末【ホントにあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

以下あらすじの続きです。


九十九里浜に到着し、

机にガソリンをかけ、

3時ちょうどにライターで火をつける。



すると、

「あのー。」

と後ろから声をかけられた。


監視員か近所の人に見つかったと思い

「すみません!」

とっさに返事をする真佐美。


しかし、ここであの

机を燃やす指示をした女の

言葉を思いだす。


「もしかしたら、

あなたに声をかけてくるかもしれない。

その時は、絶対に振り向かないで。

反応してもダメ。」


スポンサーリンク




「財布落としてますよ。」

「ほらすぐ後ろ。」

「ねぇ。」

「ねぇねぇねぇねぇねぇねぇねぇ、、、。」

「聞こえてるよね。」

「ほら、財布。」

「ねぇ。」


声が大きくなり

すぐ後ろまで来た時

机が完全に燃え尽きる。



それと同時に声が止んだ。

振り向くと

ただ真っ暗な砂浜が

広がっているだけだった。

まとめ

机に宿った悪霊のお話でした。

九十九里浜には、

有名な心霊スポットもあるようですね。

皆さんは怪しい机があるからといって

海で燃やさないように気をつけましょう。