【ほん怖2019秋】『汲怨のまなざし』あらすじ内容と結末は?出演者キャストまとめ(10月12日放送)

その他番組
スポンサーリンク

ホラーファンには見逃せない

特別テレビドラマの

『ほんとにあった怖い話』。


今年で20周年を迎えるこの番組ですが、

遂に、2019年10月12日(土)に

『土曜プレミアム・ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル』

が放送されます。


今回はその中から

汲怨のまなざし』について

あらすじ、出演者・キャスト、

結末等をまとめました。

スポンサーリンク

『汲怨の眼差し』出演者・キャスト情報【本当にあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

「ほん怖」クラブリーダー

稲垣吾郎

脚本

三宅隆太

演出

森脇智延

出演者・キャスト

佐藤健、阿部純子、藤野涼子、森優理斗、秋乃ゆに、趣里 他

『きゅうえんの眼差し』あらすじ【ほんとにあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

宮崎孝史(佐藤健)は、妻・あすか(阿部純子)、息子・サトシ(森優理斗)と共に平凡ながらも幸せに暮らしている。孝史が公園でサトシと一緒に遊んでいると不気味な女を見かける。孝史は、その女についてあまり気にしていなかったが、その後も仕事帰りの道や、出勤時のバスの車内でも、その不気味な女を見かけるようになる。そして、ある晩、ベッドで背中に何かがピタリと張り付いてくるような気配を感じる孝史。妻のあすかかとも思ったが、あすかは目の前にいる・・・。おそるおそる孝史が背後を振り返ると、そこには血のような眼を持つ不気味な女が!孝史を恐怖に突き落とす女の意外な正体とは果たして!?

引用: https://www.fujitv.co.jp/honkowa/story/index.html
スポンサーリンク

『きゅうえんのまなざし』内容と結末【ホントにあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

大好きな人と結婚し、

子供にも恵まれ幸せに暮らす

主人公たかし。


ある日、息子サトシとバス停で待っていると

裸足で近づいてくる足音が、、、

振り向くと誰もいない。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-10-13-0.32.05-1.png です

その日の帰り道、

自販機の前で白い服を着た女が

具合が悪そうにうずくまっている。

「大丈夫ですか?」

声をかけるが反応がない。

仕方なく歩きだすと、

「げーんこーつやーまのー、、、」

と後ろから女の声が。

振り向くとさっきの白い女が

立ち上がって近づいてくる。

恐ろしくなり、

ダッシュで家に帰る。


翌日、またサトシとバスに乗っていると

前の座席の方にあの白い女。

サトシ「どうしたのー。」

たかし「なんでもないよー。」

再度みてみると、

白い女がこっちを振り向いている。

急いで降車ボタンを押し降車。

ただの偶然だと思い込む。


スポンサーリンク

だがその日の深夜、

子供の泣き声で目を覚めます。

心配した妻のあすかが見にいく。


戻ってきたあすかは布団に入り、

たかしに抱きつく。

「おつかれー。」と声をかけ

その手を握り返す。

すると、部屋の入り口から

「怖い夢見たんだってー」

とかえってくるあすか。


横にいるのが、

あすかではないことに気づく。

恐る恐る振り向くと、

横にはあの白い女が、、、

驚いてベットから飛び出す。


スポンサーリンク

それからしばらくして、

会社で仕事をしていると

会社に女のお客が来ているといわれる。


「ちょっとおかしな人なんですけど

どうしても宮崎さんに会いたいっていってる。」


女が待っている部屋を見にいくと

知らない女の人が。

その女は、あの白い服の女の姉だった。


妹の昔の写真を見せられる。

たかしは、白い女が専門学校で

一緒だったことを思い出す。

そして、昔好かれていたことも。。。


今どうしているのか聞くと

亡くなった。という。

先月アパートで遺体が発見され、

彼女の日記にたかしことが書いていたので

会いに来たらしい。


日記を読ませてくれと頼み

家に持ち帰って読んでみることにした。


日記の中で、たーくんと呼ばれている自分。

さらに、私生活の隅々まで

監視されていたような文面。

たーくん、たーくん、たーくん、、、

ページ一面に敷き詰められた文字が

そこにはあった。


スポンサーリンク

数日後、家族で出かけていると

サトシがいつも間にかいなくなっていた。

外を探すと、

白い女と一緒に歩いているサトシが。

追いかけるたかしとあすか。

踏切に入っていく白い女。

間一髪のところでたかしが助ける。

あすか「あなたいったい彼女なにしたの!?」

自分は彼女になにをしたのだろう。

憎まれるようなことをしてしまったのか。

悩むたかし。


スポンサーリンク

写真に写っていた神社に向かう。

すると、いつの間にか白い女が。

たーくんと、近づいてくる女。

腕を捕まれた瞬間、

女の思いが自分の中に流れ込む。


一人で花火をやっていて

つまんなそうにしている女。

そこに現れるたかし。

たかし「ほい」

女「ありがとう」

それだけの会話。


嬉しかった、嬉しかった、嬉しかった。

彼女の記憶が流れ込む。

恨んでいたのではなく、

憎んでいたのではなく、

ただたかしとの幸せを望んでいた。

それだけだったことに気づく。


元いた現実の神社に戻る。

「全然覚えてなくてごめん。

なのにこんな俺のこと

ずっと思っててくれてありがとう。

ほんとにありがとう。」

その言葉を聞いて、涙を流す女。

そしていつの間にか消えていた。


いつも通りの日常にもどる。

その後、女が姿を現すことはなかった。

まとめ

最後にやっぱいる!的な

バットエンドで終わるかと思って

ハラハラ見てましたがw

いい話でよかった。