【ほん怖2019秋】『肩の女』あらすじ内容と結末は?出演者キャストまとめ(10月12日放送)

その他番組
スポンサーリンク

2019年10月12日(土)に

『土曜プレミアム・ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル』

が放送されます。


今回はその中から

肩の女』について

あらすじ、出演者・キャスト、

結末等をまとめました。

スポンサーリンク

『かたの女』出演者・キャスト情報【本当にあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

「ほん怖」クラブリーダー

稲垣吾郎 

脚本

酒巻浩史

脚本協力

鶴田法男

演出

森脇智延

出演者・キャスト

佐々木蔵之介、佐野勇斗 他

『肩のおんな』あらすじ【ほんとにあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

脱サラをし10年越しの夢だったラーメン店をオープンさせた氷川武彦(佐々木蔵之介)。念願だったラーメン店をオープンさせたものの、客足がさっぱりなことに悩む氷川。氷川は、場所も味も悪くないはずなのに、客が全く来ない理由に何となく気づいていた。それは一緒に働いているアルバイトの立花恵介(佐野勇斗)の肩に、上半身だけの女が絡みついていること。上半身だけの女が取り付いた恵介を辞めさせれば、店に客が来るのではと考える氷川だったが、明るく人の良い恵介をクビにすることをためらう。そこで、氷川は恵介の肩を塩で清めようとするがうまくいかない、すると今度は店内に下半身だけの女が現れる。氷川が意を決して上半身だけの女、下半身だけの女、それぞれに塩を投げつけると彼女たちは姿を消し、その後、店は満員になるほど繁盛する。しかし、氷川が久しぶりの忙しさに心地よい疲労感を感じながらベッドに入ると、下半身だけの女が現れ・・・。

引用: https://www.fujitv.co.jp/honkowa/story/index.html
スポンサーリンク

『かたのおんな』内容と結末【ホントにあった怖い話20周年スペシャル】(2019年10月12日放送分)

以下あらすじの続きです。


突然現れた下半身の女。

氷川の元へ徐々に近づいてくる。



気づくと朝になっておりめをさめす。

もう女の姿はない。


あまりに疲れていたせいで

おかしな夢を見たのかもしれない。



と思っていたのも束の間、

鏡に写る自分の方には

上半身の女が、、、



部屋にも下半身の女が、、、

祓ったのではなく、

自分に乗り移っただけだと気づく。


スポンサーリンク



なんとかしないといけないと焦る氷川。

自分に塩をかけまくるが

女は消えない。



パニックになり、

結局その日は休業することにした。



ネットでお祓いの方法を検索する。

調べた方法を試してみると、

肩の女はきえ、下半身の女もきえた。



疲れが嘘のように体が軽くなる。

それ以来、店は繁盛し

上半身の女も下半身の女もいなくなり、

全てがうまくいくとおもった。

スポンサーリンク



そんなある日の夜、

寝ていると違和感で目を覚ます。




体の上に白い箱が。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は スクリーンショット-2019-10-13-2.22.27-1024x605.png です



そして、以前と同じように

部屋に下半身の女がおり

近づいてくる。

カバンから塩を取り出そうとする

氷川だが、、、


体の上の白い箱から

上半身の女が現れる。


下半身の女も近づいてくる。

塩を投げまくる。

しかし、間に合わず女は目の前に、、、


スポンサーリンク



気がつくと朝になっている。

そこには、女の姿はない。


いつも通り店に行くと、

また肩を気にし出している

アルバイト生、立花の姿が。




彼の肩にはまた女がいる。

結局元に戻ってしまった。

これからさき、この店は

どうなってしまうのか。

まとめ

ほん怖2019「肩の女」について

まとめました。

解説によると、

冷たく祓おうとするのは逆効果で、

温かく祓わないとダメなそうな。

プロに任せるのが一番ですね。